都教委わいせつ逮捕続出の “非常事態”に危機感

今年4月以降の
教職員の主な逮捕容疑は
盗撮のほか
痴漢、児童買春、婦女暴行、飲酒運転など。
特に5月は
わずか20日間に
5人の教職員が
立て続けに逮捕されていたことも判明。
最も多かったのは
電車内での痴漢行為で
次いで児童買春でした。
大人でも
職場の人間が
横領などで解雇されますと
精神的不調を起こす人が
必ず出ます。
子どもたちへのこころのケアは
されているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です