『チャングム』第二十話  無心と個性化の過程

幼少期に
孤児になっただけでも
試練なのに

チャングムはその後も
試練にばかり
遭います。

こういうのが
トラウマ後の
【個性化の過程】なのかなと  ←ネバーエンディングストーリー
思います。

同じ年齢の女の子たちは
ちょっと意地悪されたり
理不尽な要求をされると

泣いたり
人のせいにしたりしますが

チャングムは
いつも
一瞬ふっと
(立ったまま)気を失ったような
しぐさをして

さっとこころを切り替え
現実に対応しています。

もちろん内心は怖いのですが
前に進むのです。

西洋心理学では説明がつかない
こころのメカニズムが
そこにはあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。