『チャングム』第二十話 かいつまんで話せない

チャングムのおじさん

チャングムの師が
拉致されたのを見て
驚き
人に助けを求めて

釈迦リキになって
説明してますが

慌てているわりには
話の核心から
時間的にも意味的にも
遠いところから
話し出すので      ←コンプレックス

「何の話ですか?」
「だから?」
「落ち着いて!」

なかなか伝わりません。

心理療法に時間がかかるのも
同じ理屈です。

仕事がうまくいかなくて
始まることが多いですから
(死活問題)

焦ってるのですが

人間関係がうまくいかない
せいだと気づき

その背景に
自分の性格の問題があり

トラウマに
気づくまで

他人が聞いたら
どうでもよいような話を
延々と
お金を払い時間をかけて
話します。

どこかそれが大事なことと
つながっているという
無意識的確信があるから
その作業ができるのです。

だから
相手がどんな話をしても
傾聴する姿勢が大事なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です