ガンプラ処分され自宅放火の30歳をユング派はどう考えるのか?

人気アニメ
『機動戦士ガンダム』の
プラモデルを
家族に処分されたと思い
自暴自棄になったそうです。
 ―解離ですね。
ガンプラは
★人生の相棒で       ←友達
★辛いことがあっても
明日はがんばろうと     ←ご神体みたいなものです
思えた
★こころと身体の一部だったと 
証言しています。
 ―アニメやプラモデルが
 象徴として
 生きていることの証ですね。
 ユング派は
 根拠もなく
 ユングが主張した象徴を
 否定しますが…        ←わけわからん!
昨年夏の事件ですが
昨日裁判が始まりました。
裁判所では善悪の判定でよいと
思いますが
こころの専門家は
なぜこの人はこんなことをしたのか
考える立場にあります。
精神分析やユング心理学
陰陽五行説ぬきに
眺めたら
【発達障害】か【人格障害】に
見えるのでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です