布団たたきおばさんのPTSDと被害者の幻聴

大阪北部の
閑静な住宅街に
引っ越してきたつもりが

隣家の60代女性が
一日に十数回
鼻歌を歌いながら
布団をたたきます。

たたき方が攻撃的で
舞台での独唱くらいの音量
(90デシベル)に達することもあり

布団をたたく音の幻聴が
するようになったそうです。

一度裁判所で
和解してるのですが

そのときのお約束を
この女性が守らないので

もう一度訴えられました。

慰謝料100万円で
女性の敗訴です。

PTSDでしょう。
常識が解離してます。
解離させる理由があるんですね。 ←裁判所では認められませんが

布団たたきにあるでしょう。

布団をたたかないと
発狂(今以上に)しそうなんです。

無意識のなかに
たたき出さねばならない
トラウマがあるのでしょう。

トラウマは
こころのなかにありますから
布団をいくらたたいても
きりがありません。

無意識の防衛機制
【置き換え】が起こっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です