臨床心理士資格紙クズ化決定間近

内部でも
そろそろあきらめムード
漂ってきましたよ。

こんなやりとりしてますから…

Q:国家資格化は
容易ではない状況にも見えますが
もしも国家資格ができなかった場合の
デメリットはどんなことですか。

A: 近年とみに
こころのケアが求められて
心理臨床関連の仕事そのものは
拡大しているのですが
実際にはその仕事を行う
他の国家資格職種の導入が
進んでいます。

精神保健福祉士の
養成課程の改定が行われて
その活用が進み
看護職も
専門看護師の研修努力が
鋭意行われており
臨床心理職にとって
精神保健関連の心理臨床業務を
拡大していくことが
困難になっていく状況にあり
産業領域でも同様です。

このように臨床心理士の業務領域は
常勤での就職も困難に
なっていくことが危惧されます。
 

そもそもPTSDを治すのが
臨床心理学の役目なのに   ←遺伝病は療育の対象
それしかできないクセに

そのPTSDを否認して     
うつ病や発達障害の流行に流され
ユング心理学の象徴を
根拠も示さず否認しながら
その証明の片棒かついだのですから

国民からソッポ向かれるのは
当たり前です。

自業自得でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です