高所恐怖症ポニョから閉所恐怖症アリエッティへ

朝日新聞の記者が書いてた。

「恐怖症というほどではないが
自分は
高いところより
狭いところが苦手」

なぜか?

「落ちるのは怖いが
落ちる自由がある。

しかし

狭いところにあるのは
圧迫感という名の
終りなき時の重圧

感覚遮断によって起こる
妄想や幻覚には
人間は耐えられないが   ←古典的悪魔的実験でわかった

人間存在の深遠を覗いたとき
感じる恐怖は       ←ニーチェが言ってる
本来
正常なものである。

「(仮想の)極限状態から  ←【如人千尺懸崖上樹】
奇跡の主人公について    ←ポニョ
学びたい」なんて

崖の上のポニョを連想させるような
ことを書いている。

そう言えば
アリエッティは床の下に   ←集合的無意識
ひっそり住んでいる。

ポニョになりきれず
絶滅の危機
瀕死の境遇にある
床下の小人たちの声を    ←ポニョの妹たち?
繊細なこころで傾聴し
開放してあげなきゃって

だんだん気づいて
きたのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です