『チャングム』第二十ニ話  凍りついたこころ 

チャングムの師は
表情が硬い。

若いときに
目の前で
女官たちに
親友を殺されてからの
ことだ。

その親友は
かつて
レイプされそうになったとき
助けてくれた
恩人でもあるから

気持ちは複雑だ。

その頃の自分には
どうしようもなかったのだが
それでも
なんとかできなかったのかと
自責の念もある。

加害者たちが
相変わらず悪事ばかり
重ねているのを
日常的に見ている。

自分のこころの傷を恐れ
心を閉ざしながら
何とか自分を護り

修行を続けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です