臨床心理士のいじめ観?

『心理臨床の広場』最新号には
「いじめ」というタイトルも
ありました。

  ―うしろにちょこっとですが…
   ↓これもちょこっと!

自傷行為について書いた人が
そうであったように

やはりいじめの定義についての
説明が殆どです。

いじめで

「自己否定的な感覚に襲われる」とか
「自尊心が傷つく」
くらいの認識ですから   ←子どもでも知ってるでしょう?

「この課題に取り組むには
個々人の主観的な世界の意味と
その重要性を
熟知した人が必要となります。
臨床心理士とは
そんな役割を引き受けるに
ふさわしいこころの専門家と
言えるのです」

だそうです。

無意識レヴェルで
存在そのものが解体して
ワケがわからなくなるなんて
世界は
夢にも見ない方々なのでしたか…

とんだ失礼を叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です