48歳父はなぜ放火で一家心中しようとしたのか

岐阜県で
小学6年生の女の子が死亡
次男がけがをした火事は
父親による放火とわかりました。

「19歳の力士の次男と
将来の話で口論になり
一家心中しようと思って
火をつけた」と
放火については
容疑を認めていますが
殺意については
あいまいな供述を  ←そりゃそうでしょうね。
していると   
いうことです。

放火も増えましたね。

解離が起こると
逆に
何でもかんでも結び付けようとする
力が働くんでしょうかね。

金閣寺を燃やした人が
自分の幻想と現実を
一致させようとしたことを
思い出します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です