愛知小学6年男児血まみれミステリーと予防対策

出血性ショックで
まもなく死亡したそうですが
頭や胸などに
刺されたような傷があり
そばに座って
テレビを見ていた
養護学校に通う
高校2年の長男(17)が
事情を聴かれています。
本当のところは
まだわかりませんが
予防的考え方としては
★解離性障害の可能性があれば
 うつ病とか
 発達障害とか
 アルコール依存とか
 診断がついてるかもしれなくて
 通院中
 擁護学校に行ってる
 児童相談所や適応指導教室に通っている
★テレビの前に放置してはならない
 よいことも悪いことも
 ツラレてしまうから
  ―よいことは続かないけど
   悪いことは一瞬でできる
★弱者と二人きりにしない
 道徳心など
 解離のまえに
 ひとたまりもありませんから
  …発達障害が流行してたら
   発達障害の本書くようになるんです。
   専門家がね叫び

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です