死刑執行官のPTSD対策と宗教性

東京拘置所にある
刑場公開は
多くの日本人のこころを
揺らしています。
よいとか悪いとか
必要とか必要でないとか
それ以前にある
その分別が出てくるおおもとを
揺らしています。
 
$PTSD研究家翠雨の日記
執行官も
【知性化】という防衛機制を  ←無意識的
意識的に使うようです。
★手が震えるほどの緊張感
★執行されるのは許されない罪を犯した者
★社会的正義のためにやらないと…
報告する新聞記者の文章も乱れます。
「死刑囚がまさに命をたつ   ←断たれるの間違いです
きわめて厳粛な場所」
「…(死刑囚は)茶を飲んだり
饅頭などの供物を食べたり
できる」           ←こう書かざるをえないような
                気味の悪い違和感
★入り口の清めの塩
★部屋に漂うお香のかおり
これは
【取り消し】という名の
防衛機制です。
 ―直面しがたい不安や罪悪感、恐怖を
  感じなかったことにします
目隠しをされたまま
逃げ出そうとする死刑囚を
数人で実力行使で
死と生の境にある
踏み板に
立たせることもある
トラウマティックな
仕事であることが
わかりました。
トラウマには
儀式が必要だということも
よくわかりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です