錯誤としての水中毒はポニョなりそびれ症候群

魚のポニョが
人間になりたいと望むと

海は大荒れになり
(無意識)

街は水没しました。

人がPTSDになり
その克服の過程で自己実現するとき
(昇華)

心は大嵐になります。

しかし
その波の上を走りぬけ

PTSD研究家翠雨の日記

新しい現実と繋がる勇気が
必要です。
  ―監督は
  「波の上は走れるんだ」って
  思ってもらったら
  大成功!って言ってました。

【如人千尺懸崖上樹】
ポニョ    崖の上の

千尺は
ちょうど
サハラの大峡谷ができるくらいの
歴史的時間に相当します。

現実に生きている人間ですが
魂は気が遠くなるような
歴史の上にぶら下げられて  ←ニーチェも指摘
いるのです。

ユングのいう
集合的無意識の深部にある
動物の祖先のレヴェルにまで ←古代魚が出てきます
創造的退行し
再生しなければ
小手先の認知療法では
救われないのです。

精神科の水中毒の原因は
本当のところは
よくわからないそうです。

象徴として
こころを水没させようとしているのでは
ないかと想像します。

生き方を変えたいだけなのに
自殺しようと
錯乱するのと
同じではないでしょうか。

心の中で象徴的に扱うべき
イメージを現実に移してしまうことを
行動化
(アクティング・アウト)と言います。

自殺を止めるのと同じく
とめなければ危険ですが

その意味に寄り添い
傾聴しなければ
行動療法に堕してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。