PTSD映画『ぼくのエリ』は流行っているらしい

よく流行ってるらしいですが
R15でないのが不思議なくらい
グロテスクなので
お奨めしません。
このくらいは大丈夫だと思いますが
不安な方は見ないで下さいダウン

グロテスクさも含めて
映画の迫力を前に  ←作品自体は評価しているのです
言葉は空虚ですが…
★離人的
厳寒の中
ブラウスにスパッツ&裸足
PTSDでもよく見られます。
子どもは元気!という先入観があるので
見過ごされてますが
寒さを感じないのは
解離してます。
★ネグレクト
体臭がひどく
年齢を聞いても「多分、12歳」
★幼児性虐待
ここはそのまま表現できないので
比喩や象徴で
示されています。
去勢されたトラウマから
解離をおこしている設定ですダウン
★12歳の少女が    ←性同一性障害
みずみずしい精神を保ったまま
人を襲う時は理性を無くし
獣の本性をむき出しにし
吸血の後は
我に返って悲しむのは
【解離】による
多人格性の表現です。  
欧米では何故か
10年に一作くらい
吸血鬼小説の名作が
生まれるそうです。
PTSDを思い出してもらう
ためではないでしょうか。
しかし
慰めは雪の映像だけです。
 (昇華)
癒されがたさを象徴しています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です