チリ鉱山事故への政府のこころのケア

チリ政府は

地下に閉じ込められた
33人のうち5人が
「集団と離れ
食事も十分にとっていない」
うつ病の症状がみられる  ←うつ病の人雇ってたなら告訴されます
とのことで
精神面のケアを      ←一見凄い!と思いますが…
強化するとしています。

5人は急激なショックを受け
それをPTSD化しないために
ひきこもり
拒食して
自分を守ろうとしているのだから
それを何もせず
(お説教とか投薬とか)
見守る人が必要なのでは?と
思いますが

狭い空間で長期間過ごす際の
ノウハウがあるチリ海軍の
潜水艦の乗組員から
アドバイスを受けているほか

アメリカ航空宇宙局
(NASA)の
精神科医など4人を現地に招き  ←抗うつ薬を700m下に届ける
精神面のケアを
強化していく方針もあるようで

よい意味でも
悪い意味でも
日本にないものばかりです。

こころのケアの
完全版は地球上にまだ
存在していないということですね。

チリ鉱山事故への政府のこころのケア」への0件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です