『チャングム』第二十五話 トラウマの時熟

幼児期に
自分の一言で
しかも約束を破って
父を逮捕され
その流れから
母の死を一人見送り
孤児になってから

必死で生きてきて

母の友人に遭うことができ
(自分の師ですから)
夢に王手をかけたとき

トラウマが
氷解し始めました。

傾聴してくれる
信頼できる役人にも
めぐり遭うことができた
チャングムが
言います。

「あまりに辛い過去だったから
調べる気にも
ならなかったのですが

実は
父がどうなったのか
知りたかったのです」 ←忘れているわけではなかった

問題があっても
チャングムのように
とりあえずは
目の前のことに必死で取り組んでいたら
支援者や心構えが整うから
そのとき
トラウマに直面し始める
そういうことは
大事だと思います。

時熟と言います。

鳥の孵化と同じです。
卵がもう出たいと思うときに
外からコツコツ音がして
殻が破れるのです。

それ以前に
あがくのはエネルギーの
無駄です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。