光文社『STORY』催眠イヤリングは流行するか?!

集合的無意識
(歴史的身体)は

文化に顕著に現れます。

流行に敏感な
女性は常に心身霊で
感じ、考え、動きます。

ある種の巫女みたいな集団です。
(恐ろしいからカミさん達と呼びます)

$PTSD研究家翠雨の日記

下から五行目に
【催眠ピアス】って書かれてます。
  ―ゆれるロングピアスで
   人を催眠にかけようというお茶目な発想音譜

催眠の起源は非常に古く

古代エジプトの
「眠りの寺院」では     
僧侶が信者を眠りに誘い
病気を治癒させるような
暗示を与えていました。   

紀元前四世紀頃には
ギリシャに伝わり
その約百年後には
ローマ帝国で継承されます。 
 
 ―人類史に
  祈祷師・シャーマン・メディスンマンが  
  存在しなかった時期はゼロです。
  臨床心理士は
  シャーマンなりそびれ症候群です。 

証聖王エドワード
(1042-1066)の
手を触れて癒す療法が       ←お母さんの手の魔法
評判になった時には
イギリス教会は
正しい治療法として承認し
公的に認められています。
当時のイギリスは
教会の言うことは
間違いはないという時代でした。  ←集合的無意識

しかし
君主がこの療法に興味を無くすと
民衆もこれにならいますから
評判はガタ落ちとなり
黒魔術と言われるようになります。  ←現代の催眠イメージの元凶

しかし
細々とその伝統は続き
おっちょこちょいの
フランツ・アントン・メスメル
(1760-1842)は
エドワードの二の舞を
見事に演じました。
しかも
賞賛とバッシングを
個人的にまともに受け
不遇の人生を歩みました。

イギリスのジェームズ・ブレイド
(1795-1860)は
大道芸のような出し物で
メスメリズムに出会い
いかさま性を証明しようとして
逆に
そこにある本質に気づき
科学にしました。  ←オカルトから科学へ

$PTSD研究家翠雨の日記

例えば
こういう簡単な原理で
自己催眠に罹りやすくなることを   ←他者催眠は危ないですから…
提示したのです。

光文社の『STORY』とは
なかなか興味深い…
 ―歴史的身体にある華厳経思想です。

4 thoughts on “光文社『STORY』催眠イヤリングは流行するか?!

  1. あ*=franoma

    広告ですがね…
    https://bit.ly/3px8Kyy
    かつて香山リカさんが未だ真っ当だった頃(← 2001年911 よりも前)、講演されたフェリシモさん[魔法部]の商品ページ↓の短縮URLです。
    https://www.felissimo.co.jp/mahoubu/gcd397080/?vf=70&xid=p_cri_fc_234_lowa&bid=12262
    iPhoneから送信

    「魔法」にかかる男性が現れてしまうかも知れません。これで「占い」をするのは「コックリさん」をやるのと同じPTSD症状ですね。

    返信
    1. 翠雨

      水晶に映るのも、その人のこころですからね。
      何かを手に入れれば充分と考える人は確かに増えました。

      返信
      1. あ*=franoma

        “ゲットする” という表現が流行るようになった世相ゆえに、外的適応と内的適応の両方を観ないとダメという趣旨のコメントをしたら、TAO心理学の先生が…驚くなかれ…(内的適応のことをいうと)「バッシングされる」というコメレスを下さったのですね。

        …という世相ゆえ “すみっこ暮らし” が流行る訳です。

        [公認心理師]資格をゲットする人々の行く末は…アレですね。

        返信
        1. 翠雨

          第一回目の国試すら報道がなく、公認心理師に関する話は聞こえてこなくなりました。
          臨床心理士資格が宝くじから紙くずとなり、踏み絵を踏んで登録した心理士がいたことも忘却の彼方、誰も読まない昔話です。
          病院のすみっこで、上からの指示を何でも忖度(≠傾聴)しながら便利屋さんのようにお暮しでしょうか。

          返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です