ボケ防止虐待の長男と脳トレブームの異常性

大阪で
76歳女性が
同居の長男から
殴られた後に死亡した事件で

傷害容疑で逮捕された
無職の50歳息子は
認知症と診断された母親に
イライラするようになって
ぼけ防止のため

母親にスクワットをさせていたと    ←【合理化】機制
供述しているそうです。

心臓に持病があるのを把握しながら、
執拗に虐待を繰り返しています。

キレ(解離し)たんですね。

脳科学ブームとか
脳トレとか流行ってますが   ←脳取れ

危ないですね。
人間らしいこころを
壊します。

「お母さん、どうしちゃったの?」って
聞くべきところでしょう。

キレた原因は…

約10年前に離婚し
2人で暮らし始め
7年前に居酒屋を閉めた後は
自宅に引きこもり
病死した父親から引き継いだ
工場の賃貸収入で生計を立てていた
というあたりだけでも

一杯転がってるじゃないですか。

PTSDが個人の中で
複雑化すると

起こす事件も複雑になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です