現代臨床心理学では説明できない『トイレの神様』

植村花菜さんの
「トイレの神様」凄い人気ですね。
7月の小説発売と
映画化のプロジェクト開始に続いて
絵本もできました。
解離とまではいかないけど
いつもキレてばかりの
知り合いの70歳女性も
トイレの神様の話をするときは
にっこにこラブラブ!なんです。
不思議だなぁと思ってましたが
考えてみれば
トイレをきれいにしたら
別嬪さんになるなんて
宗教哲学的ですよね。
自分のこころのなかに
受け入れられないものがあって
それを直視するかわりに
手を洗うのが
【洗浄強迫】だったりしますが  ←ネガティブ
そのポジティブバージョンですね合格
科学では解き明かせない
心理学がそこにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です