ゴミ屋敷の83歳白骨遺体と集合的無意識としてのPTSD

大阪府岸和田市の
83歳の女性が
ゴミ屋敷で
白骨化した遺体で
発見されました。
家主が掃除をしていて
見つけたものです。
所在不明の
同居の三男(52)に
話を聴かねば
事情はわかりませんが
こういう事件の影に
PTSDがあるのは
ほぼ間違いないでしょう。
母親の死を
ショックで【否認】したにしても
年金受理のためであったにしても
虐待された仕返しにしても  ←例えばの話です。
そこには【解離】が
あるはずです。
ゴミ屋敷と言えば
二児遺棄死の事件のような
ネグレクト型虐待とか
独居PTSD老人とかを
連想してましたが
PTSDはどんどん
融合&進化してますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です