児童養護施設の職員さんはPTSD学習して下さい!

本日
朝日新聞【声】のコーナーに

職員さんが書いておられた。

汗と涙の過酷な現場だそうです。
そうじゃないかと
想像してました。
事件を起こす職員も
多いですから。

なぜ過酷になるかと言えば
被虐待児のケアがメイン
だからです。

家庭で身につけるべき
こころの教育が
ゼロあるいはマイナスの子どもたち

ですから
そこから生きてゆけるように
支援していくのは
創造的な仕事で
やりがいがあり
魅力的ですが

そこで傷つき
疲れはてての離職が多いそうです。  ←二次受傷

教員や保育士
社会福祉系の有資格者がほとんどですが

もっと広い視野や
専門的訓練があれば
もっと子どもたちのためになれるのにと
書いてあります。

PTSD否認の臨床心理士
やはりいないのですね。
 ―臨床心理学といえば
 PTSDのためにある学問です。
 PTSDを治療するために
 PTSDを研究するのです。
 ほかにすることはありません。                  

児童養護施設について
緊急に考えなければならないと
思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です