認可保育所待機児童2万6275人はある種の社会的ネグレクト

厚生労働省の発表です。

保育所の定員は
増え続けているのですが

不況の影響で
女性の就職希望が増え

需要に
追いつかないのだそうです。

「保育に欠ける」
役所でよく聞いた言葉です。
保育に欠けないと
保育所に入れません。

逆に保育に欠けるから
保育所を希望するのです。

保育に欠けたままにして
よいのか?

それは
ある種のネグレクト的
虐待ですよ。

虐待は
PTSDの種です。

昔のような大家族ではないのですから
保育が欠けることは
即危険を意味します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です