コンゴ女性や子どもへの集団レイプ事件とPTSD

$PTSD研究家翠雨の日記
コンゴ東部の山道で
地元女性の体をまさぐる
ルワンダ・フツ系の
反政府勢力兵士です。
アフリカ中部のコンゴ
(旧ザイール)で
240人余りの女性や子供が
武装勢力の兵士に
集団レイプされる事件があり
犯行に及んだとされる
反政府勢力の指導者らと
現場からそう遠くない場所に
駐留していながら
犯行を止められなかった
国連平和維持活動
(PKO)の
国連コンゴ安定化ミッションに
国際的な非難が
集中しています。
政情不安とレイプ
2つ重なれば
複雑で重篤なPTSDを
生みます。
まして子どもになど
痛ましすぎます。
兵士もPTSDであり  ←貧困・殺人教唆・割礼などで
ゾンビなのでしょう。
 ―PTSDを放置すると
  加害者になることがあります。
アフリカのPTSDも
大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です