『チャングム』第二十九話  ポニョとチャングム

チャングムは
反逆罪で島流しになりましたが  
あきらめず何度も
脱走しようとします。
縄をかけられたチャングムは
厄介者で
役人たちの方が
困りはて
誰も面倒みようとしません。
 ―田舎の役人は出世欲も低く    ←宮中は恐ろしい
 人情があるので
 ひどいことはしたくないのです。
すると
きつくて風変わりな印象の医者が
自分が引き取ると
名乗りをあげました。
 ―実は実力もあり
 民のために考える
 温かいこころをもった
 医者なのです。
根性と態度・知性を
観察されていたのです。
 ―誰が
 どんな視点で
 見ているかわかりませんね。
チャングムはこの人に
医学を学び
宮中に返り咲くことになります。
PTSD研究家翠雨の日記
海の底の父の家に  ←旧約聖書創世記12章「父の家を出よ」
一生閉じ込められるのを
嫌って
自力で家出し
打ち上げられ
ゴミと一緒に
ジャムの瓶をかぶって
網に掬われたポニョを思いました。
そういう人を
$PTSD研究家翠雨の日記
観音さまは掬うのです。
 ―これはこころの作用ですが…
そう言えば第二十八話では
PTSD研究家翠雨の日記
崖の上で打ちひしがれて
逃げるか
とどまるか
考えてました。
東洋のヒロイン像
(自己実現モデル)って
昔からそう変わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です