押尾裁判被害女性母親のアジャセ戦法大成功!

この事件で亡くなった
自分の娘も
罪を犯したのだと述べた上で

押尾被告の
奥さんやお子さんのことを思い
胸が痛んだと複雑な心境を語りました。

娘さんの背中の刺青について
いろいろ憶測が流れているが

20歳過ぎに
堕胎した子どもについて

『一生忘れずに暮らしていかんと
いけない。
でも私は時間が経つと
忘れてしまう。
だから
ずっと一緒にいるために    ←PTSD予防
刺青を入れたんだ』と
聞かされたエピソードを
話すと

下いて聞いていた
押尾被告は
徐々に顔を赤くし
朗読後には右手で両目を覆って
涙を堪えているかのようにも見えた
そうです。

罪と罰の論理で攻められると  ←エディプスコンプレックス
この人よけいキレるんです。    (フロイト)
(解離)

アジャセ物語のように     ←アジャセコンプレックス
気持ちを蕩かされると       (古沢平作)
隠していた
本心が出てしまいます。
(これもある種の解離かも)  ←中島みゆき『悪女』参考!
 
こころからの反省の言葉
案外早く聞けるかも?

もちろん
このおかあさんが
精神分析の詳細を知るはずもなく
すべては無意識的な
言動です。

しかし謀らずになされた
素直な善意が人のこころを
溶かすのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です