うつ病呪縛 ~電気ショックとミルグラム効果

ミルグラム効果とは

1963年米国心理学者
スタンリー・ミルグラムが
発表した学説です。

一言で言えば
権力を前にすれば
「人間は限りなく残虐になる」

     …
「記憶に関する実験をします」と
うそついて人を集め    ←心理学実験の定番

くじ引きさせますが
被検者はみな
教師役になります。
(生徒役は全員サクラ)

記憶力テストをして
生徒が間違えたら
教師役は
電気ショックを与えるのですが
間違えるたびに強い電流を流すよう
教授役に指示されます。

サクラの生徒はワザと間違え
(電流は流れてないのですが
痛みを訴えたり
ぐったり無反応の演技をします)

教師役はみな葛藤を覚えますが     

40人中25人が
最大電圧まで電流を流したそうです。

「こんな実験はおかしい」と
権威に逆らって
実験を中止した人はごく少数で

あとは
罰を逃れてくれるよう工夫しながら
実験自体はしぶしぶ
継続したそうです。   ←トラウマになってないかな?

   …

うつ病や発達障害の研究をするのも
権威が怖いからでしょう。
異論を唱えるのは【死】を
意味するからでしょう。

確かに学会で脅されたこと
ありますよニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です