87歳父親を59歳息子が撲殺のPTSD事件

87歳の男性宅から
「父親が息をしていない」と
119番通報があり

病院に搬送されましたが
まもなく死亡しました。

同居している
新聞配達アルバイトの長男
59歳が

「父にシャワーを浴びさせたが
言うことを聞かないので
腹部を殴った」と
供述しています。

介護しているとき
あまりなことを言われ
キレることは
あるでしょう。

しかし
死んでしまうほど
(老人なのですから
この程度でも危険だと
いうことは
わかるハズです)
殴るには
相当な
【解離】か
【攻撃性】が必要です。

介護疲れによって
キレたのか

キレさせるほどの
認知症的な
PTSDだったのか

親子間に
トラウマティックな
歴史があるのか

そこまではわかりませんが

いずれにしても
問題はPTSDです。

0 thoughts on “87歳父親を59歳息子が撲殺のPTSD事件

  1. てぃあ

    SECRET: 0
    PASS:
    その人はいけないことをした。

    でもその人も小さい時の躾と称して

    そういうことをされてきたのではないかと思いました。

    小さな時は腕力で抑圧されていた攻撃的な衝動は

    相手の腕力が失われた時には抑圧されず解放されてしまうのではないかと。

    わたしがもし両親とムリに一緒に過ごした場合の

    未来予想図のような事件だと思えました。

    (w_-;

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >てぃあさん
    そうですよね。
    虐待される子やいい子過ぎる子は
    二重に苦しむことになるんですよね。
    そして、そういう子が多いんですよね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です