『チャングム』第三十一話 愛すべき作話

倭寇に
島民が縛られ
チャングムが
鍼治療しないなら
皆殺しにすると言われたとき
一番震えていた養父ですが
一件落着すると
「一度言い出したら聞かない
チャングムの性格を
一番よく知っている
この私は
『チャングムは名医である!』と告げ
みんなのために打つよう
言い聞かせました。
私がそう言わなければ
今頃みんなはあの世行きでした」
芝居がかった
身振り手振りを交え
目を見開いて
人にはそう話してます。
怖かったんですね。
こころから大丈夫だと思うには   ←認知行動療法のメニュー
こういうお話にして
自尊心と自信を底上げしないと
生きてゆけないんですね。
まあこのくらいだと
妄想にはなりません。
しかしきわどいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。