『ラストサムライ』 ~自己実現モデルとしての『古事記』

武士道という
エスニックな文化を
西洋人が理解しようとする
物語ですが

その際

物語のはじまりに
『古事記』が
引用されてますね。

「古い神が
剣を海に漬け
4つのしずくをたらして
日本列島ができた…」と。   ←実際はつの島

少しあとになって
海を守れと言われた
スサノヲが
マタノヲロチから    
草薙の太刀を
とりだしましたね。
 ―神話的思考では
 島とヲロチは同格で
 どちらも人格を持っています。
 (ヲロチは尾の霊力)

古代の神がいる海は
集合的無意識です。

昔の切り口で
創られたものの尻尾が
たくさんの人を苦しめることが
あるんです。

そういうのは
知恵と勇気で
退治しなければなりません。

そうすると
同時に宝物(個性)が
手に入るのです。

日本人と西洋人では
自己実現モデルが違うと
知っての表現じゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です