男性長寿日本一の113歳の秘訣は「何でも食べる」?!

PTSD研究家翠雨の日記

木村次郎右衛門さんです。

京都府京丹後市の自宅で暮らし
「責任の重さみたいなのを痛感している。
一日でも長く元でありたい」と
感想を述べられました。

日課は1~2時間かけて
新聞を読むことで
国会や相撲の中継をみるのが趣味

今夏は猛暑のせいか
食事以外の時間は
エアコンの効いた
自室のベッドで
横になっていることが多いが
家族と一緒に
3食欠かすことなく
食べて元気だそうです。

「朝起きて一番に考えるのは
朝食のこと」というほど
食べることが好き

中でも
「ジャガイモが一番好き」だが
好き嫌いをいわず何でも食べ 
食べ過ぎないことが長生きの秘訣と ←ここが肝心 ひらめき電球否認
語り                
 ―新聞記者は
 (大衆の言って欲しい)
  【何でも食べる】という点を強調
  これはそのうち
  「肉食OK」と変質して伝わります。

座右の銘は
「苦にするな嵐のあとに日和あり」
くよくよせずに忘れることが一番で
感謝する気持ちを
いつも持つよう心がけているそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です