松本智津夫死刑囚は仕方ないとして子どもたちのPTSDが心配

地下鉄・松本両サリン
坂本弁護士一家殺害事件などで
殺人罪などに問われ
死刑が確定した
オウム真理教の
松本智津夫死刑囚(55)の
次女(29)が    ←親が違えば違う人生の悲哀

裁判のやり直しを求めた
再審請求の特別抗告審で
最高裁は

松本死刑囚側の特別抗告を
棄却する決定をしました。

  …

会話が成り立たないどころか

無意味反応   ←本当は意味があると思いますが…  
失禁

重度PTSDの教祖さまですね。
 
裁判所の決定は
さもありなん…

ですが

魔法
(マインドコントロール)のとけた
信者さんたちは
どうしておいででしょうね。

教団で生まれ
育った子もいますし

差別や貧困に苦しんでいるのでは
ないでしょうか。

教祖逮捕とともに
社会に放り出された人たちの
PTSD発症率は高いでしょう。

こころのケアなんて
多分対象外なんじゃないかな…
 ―臨床心理士って
  宗教・哲学嫌うから

危惧されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です