朝日新聞『獅子頭』第百七十ニ話 PTSDの人の鋭さ

PTSD克服中の
二順が引っかかった
PTSD女性の
母親は
大物PTSD性
解離人格ですが

いつもいつも
自分勝手で
いつもいつも
解離してるわけじゃないです。

$PTSD研究家翠雨の日記

人間は陰陽ですからね。

デタラメな部分に
ありえない素晴らしさも
秘めているものです。

人生の機微や
心理学を学者以上に
知ってる恐ろしい存在です。

だから普通の臨床家は
PTSDを前に尻尾を巻くのです。

尻尾を巻くのはまだ正直です。

学者のプライドが許しません。

それで
生まれつきヘンだとか
だから治らんとか
デタラメを言いますが

それは
ある種のPTSDなんです。

実はすごい傷ついてるんです。
(といってかわいそうとか
思ったら絶対だめですよ)

話が
脱線しましたが       ←私の抱えるトラウマですから…

PTSD性解離女性である
二順の姑には

二順の苦しみが
痛いほどわかるのです。

誰にも理解されないと思っていたことが
わかる人に出会えることは
救いですが
同時に危険なことでもあります。

陰陽ですから。

どうなるやら
凄い物語です…あせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です