『チャングム』第三十二話  正しい知識とラポール

10歳の秀才男児
7歳のときから
胃弱で
医者からは処置なしと
言われ
だんだん悪化している。
それをチャングムが治す。
脈などを調べ
原因をつかみ
それを除去する
食事を食べさせる。
嘔吐しだし
父親は中止せよと
怒るが
チャングムを信じた
この子が
続けると言い
病は癒えた。
今までの医者のどこが
よくなかったのか?
★原因を知らず
応急処置ばかりしていた。
無駄な応急処置がつもり
病を悪化させ続けていた。
★ラポールがなかった。
辛い治療に耐えるには
相当な信頼感が必要だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です