君が代斉唱賛否両論という名のトラウマ

独立200周年を迎えた
チリでは

サンホセ鉱山の落盤事故で

前月5日から

地下630メートルに
閉じ込められている作業員33人も
チリ国民と一緒に

国歌を斉唱しました。

  …

どんな国歌なのでしょうね。

日本の国歌は
神道的な世界観を表現した
壮大な
美しい調べです。

しかし
戦争で日の丸とともに
独自の狙いをこめて
マントラ化されたためにドクロ

そして
その失敗の結果として
多大な心身に及ぶ
トラウマを植えつけられた
ために

表象化され      ←こころが動かされてしまう

普通の日本人は
年代を問わず

君が代斉唱の際に
言語化しがたい
複雑な感情を    ←戦争コンプレックス
刺激されるように
なってしまいました。

日本人が
いつか
無心に
君が代を歌えるようになったとき
(もう国境もなくなってるかも…)

こころのケアも
適切に自然に行われるように
なっているでしょう。

そして
こういう仕事につく人も
随分減り
こういうブログ書く人も
消えているでしょうニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です