女子トイレで死んだふりの場当たり的カメレオン男

高知で

49歳男性が
駅の女子トイレの
天井裏に侵入し

消防に救出された後
警察に逮捕されました。

自称にしても
 ―ここ数日
 未確認くらいの意味で
 使われているようですが…

警備員なのに         
(警備員でない場合は、願望として)
日頃
意識的に義務と感じていることと
真逆の役割を演じています。
 ―もちろん無自覚です。

発見されたら
フリーズの無反応
(死んだフリなら意識はあるが
やはり無自覚)

忍耐強い呼びかけに
一転して
暴言や反抗的態度

いたずらがお母さんにばれて
(ばれたことも知らず)
ごまかし続けたい気持ちと
助けて欲しい気持ちと
威嚇して逃げ切りたい気持ちと  ←人間の祖先が少し入った退行
ごちゃごちゃになったまま
ワーワー騒ぐ子どもの人格ですね。

JR後免(ごめん)駅とは
コレいかに…

後は免じてと書きます。  ←後は野となれ山となれ…

ショック
(トラウマがあるから
小さなことに
突き動かされやすい)を
受けて

無自覚に
(解離起こして)
場当たり的に動くのは

PTSD性の
解離性人格障害です。

先天的な
発達障害や統合失調症では

こんなカメレオン反応は
できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です