小学6年長男に暴行5時間の異常性は解離性障害

無職44歳の父親が
傷害の疑いで
逮捕されました。
 ―母親はバイト中だったようですから
 自分の情けなさのはけ口にした
 可能性は高いですね。

「長男の生活態度について
説教していた。
しつけで殴った」と

お決まりの攻撃性の
【否認】をしていますが

午後11時頃から
翌日午前4時頃までの暴行です。

普通の人は
寝てる時間です。

こんな元気
普通はないです。

こんな時間に殴られるのは
悲惨極まりないです。
 ―こころのケア絶対必要です。

頭や顔も見境なく
全身に打撲しています。

無抵抗の子どもを
5時間も殴るなんて

普通の神経ではできません。

異常すぎます。

自殺するかわりに
殴った可能性高いです。
 ―表裏一体ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です