香川取調べ中縄抜けの17歳ビリーミリガン少年

警察官3人いても
手錠は関節ワザで外し
数々の障害をすり抜け逃走
まだ17歳です叫び 
 …
たとえ話を1つ
泥棒の親は夜中に
子どもを連れてお屋敷に行き
「泥棒!」と叫んで
自分だけ逃走しました。
子どもは必死で現場から逃げ
めでたく
親から秘法を伝授されました。
たとえ話をもう1つ
ビリーミリガンは
養父に天井から吊り下げられ
虐待されてましたが
縄抜けの天才の人格が
出てきました。
   …
この17歳の少年
生い立ちが
トラウマティックなのでしょう。
何かあれば
解離して
(無我になって)    ←最強!
問題を解決しながら
生きてきたのでしょう。
人間の潜在能力って
凄いです。
PTSD研究しないと
今後
捜査も困難になってくるでしょう。
隠蔽
(否認)するは
軽業師みたいに逃げるは
大変です。
それよりは
DV対策・虐待対策の方が
お互い利害関係も一致してるし
簡単です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です