厚生労働省村木元局長の無罪判決でデータ改ざん検事逮捕

罪もない人間を
大阪地検特捜部の
主任検事が
窮地に立たせたのです。

犯人扱いされ
手錠や腰縄をつけられ
拘置所に入れられ
 ―言葉にできない屈辱です。

押収した
フロッピーディスクのデータを
改ざんするなんて

一体何のために?

この人も
解離人格でしょう。

少なくとも
人間の良心を解離してます。

村木さんのこころへの
人間的な共感性を
解離してます。

PTSD対策の要である
警官や消防士
教師に解離事件が増加し

うまくいきそうに思えた前途に
不穏な影を投げかけていますが

検事とは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です