準強姦事件判決後供託金取り戻しの不誠実

刑事裁判で
被害弁償の意思を示すため
法務局に
計500万円を供託しながら

判決直後に
全額を取り戻したようです。

東京地裁は

刑が軽減された直後に
供託金を取り戻し
以後の謝罪や賠償を拒絶する
不誠実な対応で被害感情が増大したと
指摘しました。

本当に女性の苦悩を理解したなら
自分たちの罪の深さを反省したなら
こんなことはできないはずですね。

解離から
事件を起こした加害者は

逮捕や裁判で
自分たちが
かわいそうになってしまうばかりで
なかなか反省しにくいようです。

被害者は傷を癒しながら
2度の訴訟に立ち会わされたのです。

この国の
PTSD克服の過程は
過酷過ぎます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です