牽牛子塚古墳で心機一転の風潮はユング心理学にも無視できない

高松塚古墳の壁画を台無しにし
それを隠蔽し
国中から大バッシングを受けた
トラウマがありますが
 ―当時の文化庁長官は
 ショックを受けて
 ASDで亡くなりました。

このたび
牽牛子塚古墳が
斎明天皇の墓であると   ←【象徴】天皇
判明したのをきっかけに

朝日新聞も
「やはり陵墓の本格調査を」と
書いています。

失敗は失敗
やり直せばよいのです。

心理療法の要は
【死と再生】

墓にその象徴があります。

無意識研究にだけ
この視点が要らないなんて
そんなバカなことはありません。

発達障害や            ←象徴が使えないそうです
自閉症スペクトラム研究なんか   ←象徴がなくてもすむ研究
やめて

本来の研究に立ち返りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です