とちぎ小6虐待女児の生きた地獄

栃木の小6女児の
虐待養父は逮捕されましたが

聞けば聞くほど
ひどい話です。

女児は12歳ですが
125cm 25㎏

「お父さんが好きです」との
ウソ日記を書かされていただけではなく

近所の人が
「素直になります」と
あやまる声を聞いたり  ←【否認】から通報できなかったのでしょう…

排水溝に顔をつけた状態で    ←ありえないでしょう!
倒れているのを発見しています。

「大丈夫か?」の問いかけに
起き上がりますが
頬には青あざ

ふらふら歩いて行ったと
言います。     ←男性も驚きすぎたのでしょう…

もはや
自分が
とんでもない状況に
置かれているという認識や
人に助けを求めるべきだとか
そういう社会に対する信頼感が
ゼロ
になっていたことを示します。

【知的障害】によるものではないです。
トラウマにより
【廃人】になりかかってたからです。

4.5歳から
父母に虐待され

母親は家出し
血のつながりのない養父から
虐待を受ける自分は
無価値だと
日々こころに
刻まれてしまったのでしょう。  ←偽の認知行動療法 

保護されて
元気になり
学校へ行きたいと言っているそうですが

DVも虐待も
保護されたときみんな
そんなものです。
 ―とんでもない地獄から生還したのですから
 どんな場所でも天国と感じます。
 ふかふかのお布団だけでも
 涙が出ます。

これからが大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です