今一番嗤える話

アリストテレスなんて言うと
凄い哲人のイメージですが

キリスト教の教会は
長らく
グノーシス(異端)扱い         
してきました。
 ―牧師の子ユングは
  それに気づき    ←うそ臭さでムンムンした家 
  発狂しかかりました。 
  (PTSD)

一番嫌われたのが

『詩学』の中の『喜劇』
笑いや比喩(メタファ)の大切さです。

権力は         ←国家・教会・父権…
『笑う(嗤う)』ことを
許しませんがね。

力を持たない庶民
物言えぬ庶民の
唯一の武器は

風刺
です。

 ―だから無意識は
  風刺や駄洒落に満ちていますよドキドキ

チャップリンは        ←喜劇王
ヒットラーを直接殴るかわりに
『殺人狂時代』という映画を
創りました。         ←昇華      

平成日本の
臨床心理士会は
ユングの苦闘を忘れて
ユングの宿敵教会みたいになって
臨床心理士の免罪符なんか
発行したけど
紙切れ同然になっちゃった…

今一番嗤える話です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です