厚生労働省でもコンタクトレンズめぐって解離事件

過当競争の激しい
使い捨てコンタクトレンズ業界の
経営姿勢ですが
 
検査する眼科診療所が
監査を免れるよう便宜を図り
現金150万円を受け取った

厚生労働省国際年金課
課長補佐(50)が
逮捕されました。

150万円で
すべてを失うようなことは
普通はしないでしょうね。

そして
厚生労働省で
このような【解離】行動は
よしてほしい
なんていうのは
教科書的に
(明記したものはないですが
 ちょっと考えたらわかる)
おかしな考え方ですね。

解離した人が
解離した医者に誤診されてるのを
解離した役人が見落としたら

どうしたらいいでしょうか?

問題のハードルは
日々高くなってゆきますあせる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です