ストーカー防止の先行研究「執心切れ一札」

$PTSD研究家翠雨の日記
太田市徳川町の
縁切寺
満徳寺資料館の
館長で
専修大法学部の高木侃(ただし)教授です。
江戸後期から明治初期にかけて
未婚の男女が
別れる際に書いた証文
「執心切れ一札(いっさつ)」を
集めた珍しい展示会を
開かれました。
書いた後も
つきまといが続いたので
親族が書いたという
詫び状もあります。
今も昔も
人間の本質は
そうかわりませんねニコニコ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です