『借りぐらしのアリエッティ』と【見るなの禁】

荒れた庭がある、広大な屋敷。14歳になる身の丈10cmの小人の少女・アリエッティは、父と母と3人でその床下でくらしていた。上にある人間の家から生活に必要なモノを「借りてきて」「暮らす」借りぐらしの小人たち。ある夏の日、その古い屋敷に、病気療養のために12歳の少年・翔がやってくる。人間に見られてはいけない。それが床下の小人たちの掟だったが、アリエッティは翔に姿を見られてしまう……。

$PTSD研究家翠雨の日記

無意識の研究のなかに
物語の分析があるのですが

【見るなの禁】は1つのテーマです。

これが
都合よく解釈されるうち

無意味化され
 ―【象徴】がつかえない
  発達障害ばかりだからとか
  愚論をまくしたてて

癒しの場としての
箱庭は
荒らされ
瀕死の状態です。
 ―箱庭をさせてはいけないとか
  危険だとか
  瞑想しながら見てろとか叫び
  デタラメもはなはだしい…
  

見るなの禁というのは
いろんなお話に
描かれているような
たましいの現実があるから   

$PTSD研究家翠雨の日記

見るのでもなく   ←石を石だというような見方ではなく
見ないでもなく   ←目を閉じるのではなく
 ―【象徴】として ←石は例えば重いものとか、頑固とか…

【覚悟して見なさい】という 
意味です。
 ―本当に見たら
  生き方が変わりますが
  その覚悟がありますか?

常識を離れて    ←恐怖感はここから
長い歴史のなかの
一員として     ←癒しがあります
未来を創っていく  ←希望もあります
一員として

自分のありかたを
考えなさいと
いうことです。

眠れるようになるには
どうしたらよいか
名医を探すのとは
異質の作業です。

自分が名医である
つもりの医者は
箱庭は危険だと言いますニコニコ

『借りぐらしのアリエッティ』と【見るなの禁】」への0件のフィードバック

  1. えまちゃん

    SECRET: 0
    PASS:
    常識を超えたところから 普遍的というか
    永遠の真理をつかみ 実行していくには
    非常な葛藤がありますから。

    しかし そこをつかめば 今を否定することなく
    大きな視点で見れるのですよね。

    そこを 超えることは大きな作業ですけど。

    返信
  2. 翠雨

    SECRET: 0
    PASS:
    >えまちゃんさん
    葛藤回避で、常識的につかもうとすると
    ドールハウスをねじ込むことになるんでしょうね。コメントいただいたおかげで、いろいろ繋がってきました。
    ありがとうございます(-^□^-)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。