『チャングム』第三十八話  『良薬は口に苦し』に胡坐をかかない

王の母が
病で苦しんでいます。

チャングムが
食生活を調べますと

偏食のため
その病になり

病気に苦しんでいても
偏食を治そうとしない性格が
判明しました。

もはやこれは
こころの病です。
 
ずるい女官達は
ご機嫌をとりながら
好物ばかり食べさせています。   

【良薬口に苦し】と言いますが   ←心理療法も苦痛はありますね

チャングムは
その常識を超えようとします。

女官達の作る豪勢な好物が
のどを通らないというのに

なんと
苦手なニンニクなどが配合された
(王妃は微量でも嗅ぎ分けます)
丸薬をおいしいと
喜んで食べ

元気になりました。

PTSD治療の秘策が
丸薬のつくりかたに
秘められていました。
 ―それは心理学的にも
  大事なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です