『チャングム』第三十八話  祈りと象徴のパワー

チャングムの友達は
王の側室になりましたが
放置されたままで
みなにバカにされています。
チャングムの友人が
月に向かって
深呼吸することを勧めます。
 ―月は陰
  女性性の象徴です。
  身体に月のパワーを
  充満させようとの  ←陰が極まると陽に反転
  陰陽五行的な意味が
  あるようです。
そんな
昔の女学生みたいな
おまじないをしているとき
なんと王が部屋にやってきたのですが
すれ違い…
泣いてますと
再びやってきた王が
「初めて会ったときも
泣いていたね」と言います。
現実と非現実を
象徴や祈りが結ぶことを  ←平常底(西田哲学)&じゃんけん
表現していますね。
そして
どうしていいかわからず
泣いているときが
チャンスであることも
表現されています。
泣けばよいとか
そういうことではなく
スサノヲが大泣きしてから
大活躍したように
本当に無力なだけの自分になれたら
リセットできるのかもしれません。
案外難しいですよ。
どらえもんのノビタみたいに
ダメさを否認せず
全国の子供たちの前に
露呈するのは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です