『借りぐらしのアリエッティ』とナチス

精神分析医
アリエティは
こんな本も書いてますダウン

パルナス―ピサのユダヤ人虐殺 (単行本)
シルヴァーノ アリエティ (著), 森泉 弘次 (翻訳)

イメージ写真もなく
中古でしか手に入らないようですが…

    …

要するに
『アンネの日記』的な
生死の不安に苛まれながら
閉じ込められた
苦しさも
表現されているのではないでしょうか?

トラウマティックなお話であることは
間違いないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です