リハビリ・救急の深刻な医師不足とPTSD問題

全国1万262の
医療機関を対象
医師不足の傾向を調査した結果
判明しました。

都市集中化など
地域別の問題もありますが

診療科別でみると
リハビリ科と救急科
産科に
医師不足が目立ちます。

不慮の事故では
身体機能の回復も
PTSD治療を支えます。

OD・リスカなど
自殺未遂時には
胃洗浄や縫合などの
身体的ケアのほかに
癒しや気づきのフセンになるような
何らかの処置が必要でしょう。

安心してお産すること
その前後の
関わりは

隠れPTSD女性の
治療への絶好のチャンスであり
増え続ける小児虐待予防の
貴重な場です。

そこではっきりした何かが
できなくても
そこで何かつかめたら
致命的で不幸な危機は
避けられます。

PTSDは無視されるように
社会構造的にできていますね。

しかし
あきらめてはいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です