朝日新聞『獅子頭』第百二十九話 非合理なこころ

二順の元妻は
意志の人で
 ―国から
  離婚しなさいと言われても
  納得できなくて
  日本に来て確かめようとする人です。

二順の本心が聞きたかった。

なのに
本心が語られると
 ―今の状況はまちがいで
 今回結婚させられた女性のことは
 なんとも思っていないと
 
逆にひどく傷つき

腹立たしくなり
説教してしまった。

そんな無意味なことのために
なぜ自分がこんなに
混乱させられるのか
わけわからないと
言うことでしょうか。

それで
とっさに
カレーライスと中華料理を
一緒にした創作料理をやれと
課題を出し

少し救われたようだ。

人間のこころって
面白いですネ。

合理的意識的なばかりじゃないんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です